受け身でも大丈夫

スカウトと聞くとついつい芸能関係を想像しがちですが、パチンコ業界のエンジニアにはスカウトでの転職組も多いようです。
やはりヒット機器を生み出したりすると大きな利益を生み出すことになるので、多少の人件費がかかっても優秀な人材は何人でも欲しいといったところではないでしょうか。
また活躍をする自信があり、スカウトを待つエンジニア専用のスカウトサイトもあるようです。

そこには自分の経歴、作品に関するある程度の情報を公開しておくことで、企業からスカウトが入る、といったもののようです。
人件費はもちろん、開発費もかなりかかってしまうと思うのですが、1台のヒット機器を生み出すことが出来ればあっという間に回収でき、大きな利益に繋がるので、人材の求人には余念がないのもパチンコ業界の特性のようです。
近年ではパチンコと無縁だった人も遊べるような、ゲーム性の高い機器も増えてきていますので、このようなゲーム開発関係に関わっていた人にはスカウトも目をつけているようです。

今までのパチンコが賭博などといった暗いイメージから、イベント性が高くゲーム性を備え、多くの顧客層が安心して楽しめるものへ変革する為には、常に新しい機器の開発が必要だからです。
むしろパチンコ業界が長い人よりも、他業種からの転職してきたエンジニアの発想の方が面白かったり、新しい技術を投入することが出来るので、新しい人材に期待することは大きいようです。

求人を出して、応募してくるエンジニアをただ待つだけでなく、自らスカウトに目を光らせているパチンコメーカーも多くありますので、このようなサイトを利用してみるのもスムーズな転職に繋がるかもしれません。
インターネットで簡単に登録が出来ますので、パチンコ業界のエンジニアに興味のある人は登録をしてみるのも良さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です