新たな旅立ちに向けて

今のIT企業で働いているエンジニアは、次第に他のIT企業に転職してみようと考えることが往々にしてあるでしょう。転職は言い換えれば自分探しをするための旅のようなものであり、求職者は、どの企業なら自分の力量を惜しみなく発揮できるのかを考慮した就活を意識することはよくあることだと思うのです。

エンジニアがそつなく仕事をこなしている中で、「俺にはもっとレベルの高い仕事ができるかもしれない。今の仕事が今後の転職につながるキャリアアップとして役立ってくれたのはありがたいことだ。この会社を飛躍のバネとして俺の力を全面的に引き出せるように頑張るのと同時に、転職した先で気持ち良く第二ステージに上がるために、この仕事を綺麗さっぱりと完結していこう!」という気持ちの切り替えをしていくことがうかがえてくるのです。

今までITとは違う業種に就いていた方が、突如としてIT企業に携わろうとする気持ちになることがあるのではないでしょうか。これからの時代はITとの深いつながりが不可欠となる社会情勢だからこそ、一人の社会人としてIT社会に貢献していこうとする決心を固めることが往々にしてあると思うのです。まるで運命に導かれるかのようにしてIT業界に携わることで、緊密なネットワークの構築を自分の手で手がけることが自分に課せられた仕事なのだと受け止めていき、その仕事を通して情報化社会の只中に居る自身の存在意義の高さを実感していくことになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です